分かりやすく教えて?ヨガとホットヨガの違いとは??(前半)

あなたは、ヨガとホットヨガの違い、ご存じですか。

どちらもよく聞くけど、そもそも何が違うのでしょうか。

一緒にその違いを見ていきましょう。

■ヨガとホットヨガ

ヨガとホットヨガ、何が違うかと言いますと、行う場所が違います。

ヨガは、屋内でも、屋外でもどこでも場所を選びません。

その点、ホットヨガは違います。

室温38℃以上、湿度65%以上の環境で行うヨガのことをホットヨガとしています。

それでは、場所が違うことで得られる効果は何が違うのでしょうか。

■身体が柔らかくなる

あなたも見たことがあると思いますが、ヨガは、ポーズよっては、かなり身体が柔らかくないと出来ないものがあります。

無理して行うと、筋など身体を痛めてしまうことがあるかもしれません。

しかし、高温多湿で行うホットヨガですと、身体が柔らかくなり、ポーズを取ることも無理なく出来るのです。

筋も伸びますので、ケガの心配も少なくなります。

■筋肉も2倍使用している?

ホットヨガは、身体が温めて行います。

すると、ふだん冷たくて、あまり使用されていない指先や足先の筋肉なども温められるので、そこの筋肉も使用するようになります。

そうすることで、使用する筋肉量は、ふだんのおよそ2倍となります。

いかがでしたか。

次回「分かりやすく教えて?ヨガとホットヨガの違いとは??(後半)」に続きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

レディーススポーツウェアティアリーレイ
ページ上部へ戻る