女性ホルモン分泌系?女子力アップのヨガポーズとは??1

yoga1

あなたは女性ホルモンの分泌、順調ですか。

女性性を高めたい…そう願う女性は少なくないようです。

好きな人にふりむいてほしいからという恋愛感情のものから、生理が乱れがちだから、という健康的な理由まで、 その理由は、さまざまだと思います。

女性性を高めたいなら、女性ホルモンを分泌していきましょう。

女性ホルモンを分泌するために効果的なのは、胸につながる背骨や子宮がある骨盤周りを動かすことです。

今回は、女性ホルモン分泌に効果が期待できるヨガのポーズをお伝えします。

■女性ホルモン分泌系ヨガ

そのヨガのポーズとは、「コブラのポーズ」です。

まずは、うつ伏せになり、足を肩幅程度に広げましょう。

ひじを曲げ、両手の平をろっ骨の横へもっていき、ひじの真下あたりに手首がくるようにします。

息を吸いながら、両手で床を押さえつけて上体を持ちあげます。

腰をのばしながら胸をそらせて胸と顔を正面に向けましょう。

腰をのばす力と背筋を使いながら姿勢を保ちます。

けんこう骨を落として軽くよせ、ひじを背面でよせましょう。

胸を開いて呼吸を5回する間、ポーズを保ちます。

いかがですか。

さほどむずかしくないポーズだと思いませんか。

女性ホルモンを分泌したいと思うなら、コブラのポーズを始めてみては、いかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

レディーススポーツウェアティアリーレイ
ページ上部へ戻る