ヨガの効果を高めるには○○がカギ!

yoga1

年齢の割に若く見える
年齢の割に老けて見える

どちらかを言われるのなら、
もちろん若く見られたいですよね。

遠目で判断をするのなら、
プロポーションを見るでしょう。

バストやヒップが垂れていたら
当然老けて見えてしまいます。

体内でも内臓下垂があります。
内臓を支える筋肉が減って
代謝が落ちて太りやすくなります。

高い代謝機能を保つために
インナーマッスルが重要であり、
ヨガはそのインナーマッスルを
鍛えるものとしても注目をされています。

■ヨガのダイエット効果を高めるには筋肉がカギを握る

インナーマッスルが重要だと分かった!

と言っても、タダでは筋肉も作られません。

きちんと材料を体内に入れないと、
身体も筋肉を作ることができません。

筋肉というと、ムキムキになって…
なんてイメージするかもしれませんが、
そう簡単にムキムキにはなれません。

ボディビルダーのような筋肉は
毎日のたゆまぬトレーニングの積み重ね、
そして食生活などを氣を付けて
何年もかけてあの身体になるのです。

1週間ヨガをやったくらいでは
ムキムキにならないのでご安心を。

筋肉の材料になるのはタンパク質です。

バストが上を向いているのも
ヒップが垂れていないのも
顔の頬の位置が下がっていないのも

これはタンパク質を元に作られた
筋肉のおかげなのです。

筋肉は脂肪よりも比重が大きいため
筋肉がつけば当然体重は増えます。

でも大切なのは体重ではなく
見かけ!

体重計よりもプロポーションに重きを置き、
いつまでも若々しいプロポーションを
保ちましょう。

そのためにカギを握るのが、
筋肉=タンパク質なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

レディーススポーツウェアティアリーレイ
ページ上部へ戻る