痩せるゴルフ?しかも、スコアもよくなるって本当??4

前回、ゴルフで痩せられる方法をお伝えしました。

詳しくは、こちら「痩せるゴルフ?しかも、スコアもよくなるって本当??3」をご覧ください。

本当に、ちょっとしたことに気をつけるだけで痩せれるし、ゴルフも上達するなんて、驚きではありませんか。

今回は、とくにスコアが上達する方法について、お伝えしていきます。

■スコアもスリムな身体も手に入れる?

・痩せるアドレス

バックスイングからトップにかけて、上半身と下半身のヒネリ(捻転差)があればあるほど、飛距離もアップしますし、ウェストの引きしめ効果も期待されます。

ちなみに、バックスイングとは、ボールを打つときにクラブを後ろにふり上げることで、トップとはバックスイングが完了した点(両手が一番上にあがっている状態)のことです。

まずは、イスに座って両手を頭に乗せた状態で上半身をヒネってみましょう。

イスに座ると下半身が動かないため、上半身と下半身の正しいヒネリが確認できます。

ヒネリの量、捻転量は個人差があるので、少なくても大丈夫です。

無理をしないようにしましょう。

次に立ち上がり、お腹をへこませ、浅い呼吸でお腹をへこませた状態をたもちます。

アドレスの姿勢で両手にはなにも持たずに、クラブを握っているような感じで構えましょう。

下半身はそのままで、スイングしてみます。

実際にクラブを握ってみてトップのとき、キツイと感じるなら、正しくヒネリができている状態です。

キツイと感じない場合は、上半身と一緒に下半身も動いているのかもしれないので、気をつけましょう。

いかがでしたか。

一つ一つの動作に、ちょっとしたことを加えるだけで痩せるし、上達するなんて嬉しくないですか。

実際にゴルフしないしなと思っていても、痩せたいと思うならカンタンな動作ですので、クラブは握らずに身体を動かすところから始めてみては、いかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

レディーススポーツウェアティアリーレイ
ページ上部へ戻る